男性の横顔

男性がなりやすい痛風を予防するにはどうしたらよいのか

糖尿病にならないために

血液

ヘモグロビンa1cは、糖質の食品を多く摂ることで上昇する数値です。これが基準値を上回ると、糖尿病などのリスクが高まります。食事や運動に工夫を凝らす他、サプリメントやトクホの商品を活用するのも良いです。

詳細

辛さを解消します

脚

むくみの解消にはサプリを利用する人が多くなっています。体内に溜まった余分な水分を体外へ排出する働きのあるカリウムを多く含んでいるのが特徴です。今後もむくみ解消に役立つサプリは多くの人に利用されるでしょう。

詳細

動脈硬化をキトサンで予防

ドラッグ

高血圧は、肩こりや頭痛なども引き起すだけでなく、動脈硬化や脳卒中などいろいろな病気を招きます。血圧を下げる効果のあるキトサンの成分が入ったサプリを摂取することで、高血圧を予防し改善して、健康を守る効果が期待されます。

詳細

肥満は最大の敵

サプリ

なぜ増えたのか

日本史上で、痛風が認識されたのは明治時代。そして、患者が増え始めたのは、戦後になってからと言われています。このように、痛風は典型的な現代病なのです。この病気は、魚や肉、ビールなどに含有されるプリン体が原因とされています。戦後になって、食品加工技術や流通手段が発達するまでは、腐りやすく食肉は、一般人にはなかなか手が届かないものでした。そして、加工や流通が進化するとともに、痛風患者も劇的に増加したのです。厚生労働省のホームページによりますと、現在の痛風の予備軍とも言われる、高尿酸血症の方は500万人とも言われます。いかに食生活や生活習慣が、痛風を引き起こすかということがお分かりいただけることでしょう。ちなみに、痛風の9割は男性と言われています。女性は、女性ホルモンの働きによって、尿酸を排出する予防機能を持っているからです。

防ぐためには

痛風の予防策は、肥満対策と非常によく似ています。尿酸値が高めと健康診断などで診断された場合には、適度な運動と食生活の改善を行ってください。運動で注意すべきは、激しい運動を行わないことです。激しい運動は、逆に尿酸値を上げてしまい、痛風の発作を導くことが判明しています。ウォーキングやサイクリングなどの有酸素運動を行うようにしましょう。食生活では、酸性の食品に偏らないことが予防策となります。肉、魚、炭水化物は酸性寄りの食材です。一方で、野菜やきのこ、海藻、乳製品などはアルカリ性の食品です。バランスよく摂取することで、尿酸値を抑えることが可能です。アルカリ性の食品は、しっかりとっているかどうか、いま一度確認してみてください。最後に、水分補給も大切なポイントです。尿酸は、水分補給し、尿として排出することが可能です。この3点に注意すれば、痛風は十分に予防することが可能です。