男の人

男性がなりやすい痛風を予防するにはどうしたらよいのか

糖尿病にならないために

血液

血液検査での数値に注意

健康診断などで血液検査を行うと、血糖値の他にヘモグロビンa1cという値が出てきます。ヘモグロビンa1cとは、血液中のヘモグロビンと糖が結合したものをいいます。この物質は、血糖値が高い人ほど数値が高い傾向にあります。一般的に、ヘモグロビンa1cの数値が6.5パーセントを超えると注意が必要です。健康診断では、医師や保健師などから指導を受けることになります。原因は、糖質の食品を多く食べることが主な原因です。甘いものだけでなく、白米や野菜にも多くの糖質が含まれています。ただし、ある程度の糖質は、エネルギーを作り出す上で重要です。チョコレートなどの甘いものを食べるだけで、かなりの糖質を摂取することになります。

食事と生活改善

ヘモグロビンa1cの数値を下げるためには、食事と運動が基本です。食事は、いきなり糖質の多い白米などから食べるのを避けます。出来れば、最初は野菜から食べて、急な血糖値の上昇を抑えることが大事です。甘いものは、自分の中でルールを決めて、頻度を少なくすると良いです。運動に関しては、普段の動きの中で工夫を凝らすと良いです。例えば、いつもより早歩きにしたり、階段を使うなどです。有酸素運動が効果的ですので、意識して動くことが大切です。なお最近では、血糖値やヘモグロビンa1cを抑えるサプリメントやトクホの商品も出てきました。これらを賢く活用するのも、1つの方法です。できるだけ日々の生活の中で、健康のための努力をすることが重要です。